DAIDO METAL

ホーム

今、知ってほしい大同メタル工業

文字サイズ

PRINT ENGLISH

ディスクロージャーポリシー

1.基本方針

大同メタルグループ(大同メタル工業株式会社および関係会社)は、重要な経営・財務に関する情報や社会・環境に関する情報を積極的かつ公平に開示することにより、株主・投資家・地域社会をはじめとするあらゆるステークホルダーの皆様からの理解や信頼を高めることを目指します。

2.情報開示の基準

大同メタルグループは、金融商品取引法等の法令に基づく法定開示制度ならびに東京証券取引所および名古屋証券取引所の定める各適時開示制度を遵守し、情報の開示を行います。また、これらの法令等により開示が求められていない情報であっても、ステークホルダーの皆様において大同メタルグループへの理解や信頼を高めて頂くために有用であると判断したものについては積極的かつ公平に開示します。

3.情報開示の方法

大同メタルグループは、法令によって開示が求められる情報については金融庁が提供する「EDINET(「金融商品取引法に基づく有価証券報告書等の開示書類に関する電子開示システム)」への提出その他の適切な方法で開示を行い、適時開示規則によって開示が求められる情報については東京証券取引所が提供する「TDnet(適時開示情報伝達システム)」を通じて開示を行うとともに、その後速やかに当社ウェブサイトにも掲載します。また、法令等により開示が求められていない情報についても、当社ウェブサイト等を通じて開示を行います。

4.情報開示の体制

大同メタルグループは、情報開示が適切に行われるよう、「情報開示規程」を制定しており、その実行を担う組織として、開示検討チームを設置しています。同チームは、各部門から具申された案件について、開示内容、開示時期及び開示方法等の検証を行い、審議・決定機関である取締役会又は経営戦略会議等に対する承認手続を行ったうえで、開示所管部署が開示を行います。

5.株主・投資家との対話活動

大同メタルグループは、持続的な成長と中長期的な企業価値向上を実現するため、株主・投資家との建設的な対話を行うことが重要と認識しております。必要に応じて、対話の場として説明会や面談等を実施しております。また、対話を通じていただいた意見等については、必要に応じて、当該意見等に係る担当役員に報告することによりフィードバックし、企業活動に適切に反映するよう努めております。

6.重要情報の管理

大同メタルグループは、株価に重要な影響を与える未公表の重要情報を適切に管理するとともに、フェア・ディスクロージャー・ルールを遵守し、ステークホルダーの皆様に公平に情報提供を行います。

7.沈黙期間

大同メタルグループは、重要情報の漏洩防止と公平性確保のため、決算期末日の翌日から決算発表日までの期間を「沈黙期間」として、決算、業績見通しに関する質問への回答やコメントを控えております。ただし、「沈黙期間」中に、法令等により開示が求められる情報が生じた場合には、当該法令等に則り、その情報を開示します。

8.業績予想・将来予測

大同メタルグループが開示する業績予想や今後の計画・見通しといった将来予測に関する記述は、将来の業績を保証するものではなく、開示時点における一定の前提の下、リスクや不確実性を内包するものとなります。実際の業績等は、環境の変化などにより業績予想や計画・見通しと大きく異なる可能性があります。

9.第三者による業績予想等

第三者による大同メタルグループに関する意見や推奨、業績予想等については、原則としてコメントはしません。ただし、著しい事実誤認や間違いがあれば、その旨指摘することがあります。

10.その他

当ウェブサイト上での当社の情報検索にあたりましては、別途掲載している免責条項も併せてご参照ください。